ブログトップ

FREE LIFE

t33free.exblog.jp

Flyfishing、Freeskiや日常のこと

2014年 09月 25日 ( 1 )

少しずつ進めてきた竹竿作成。
備忘録として残していこうと思います。


まずは竹割ですが、今回は師匠が割ってあるトンキンケーンをくれたので曲がり直しからスタートです。
竹の内側の節をプレーンで削ります。次に竹の曲がった部分をアルコールランプで熱し曲がりを修正しました。
e0303463_0294687.jpg


力加減が分からず一本折ってしまいました(涙)
e0303463_0294556.jpg

とりあえず最初の一本目ということで他の余っていた竹を代用しました。本来ならば竹を6の倍数分割し、その部分によって張り合わせる場所が決まっているようです。

竹の外側の節を平ヤスリで平らになるよう削ります。
途中、面倒になりプレーンで削りました(笑)
平らになればどちらでもいいような気がします。

次に荒削りです。
師匠は作成するロッドのテーパーの半分プラス2mmで荒削りしているとのことでしたので僕も同じようにプレーニングフォームをテーパーの半分プラス2mmでセットし荒削り用のプレーンで削りました。
e0303463_0294794.jpg

e0303463_0294778.jpg


今回は2ピースロッドなので、この作業を6本×2行いました。
e0303463_0295060.jpg


始めは慣れていないのでバット側の曲がり直しから荒削りまでかなり時間がかかりましたが、慣れてきたらティップ側は曲がり直しから荒削りまでで3時間ぐらいで出来るようになりました。
あと、当たり前ですが荒削りの時にプレーンの歯をよく研いでおくと作業効率がぜんぜん違います。
最初は適当に歯を研いでいましたが、調べてみるとプレーンの歯の角度も決まっていて、そのように研がないといけないことをしりました(汗)
ちゃんと研いだ歯はとても削り安かったです。(始めから調べれば良かった)
e0303463_0294864.jpg


とりあえず荒削りまで終了!
今回は節を交互にする合わせ方で作成しました。
e0303463_0294966.jpg



とりあえずここまで、続きはまた。






T33FREE
[PR]
by T33FREE | 2014-09-25 22:30 | バンブーロッドビルディング